54283

日本最古のライブハウスが京都に!! 「coffee house 拾得(じっとく)」


日本最古のライブハウスは京都市にある「拾得(じっとく)」。蔵を改造して造られた歴史を感じさせるこのお店は今なお現役で京都の音楽シーンを支えています。

日本最古のライブハウスはコーヒーハウス?!

日本最古のライブハウスが京都に!! 「coffee house 拾得(じっとく)」

皆さん、「日本最古のライブハウス」ってどこにあるかご存じですか?

そう、京都にあるのです!

その名は、「coffee house 拾得(じっとく)」

 

「ん?コーヒーハウス?ライブハウスじゃないの?」

 

そう、今でこそ日本最古のライブハウスとして有名なお店ですが、実は「コーヒーを飲みながら音楽を聴ける場所」をコンセプトにオープンしたコーヒーハウスだったのです。

 

それゆえに、今でもドリンクと食事メニューは充実しており、「コーヒーと玄米定食のおいしいお店」としても有名です。

築300年の酒蔵

日本最古のライブハウスが京都に!! 「coffee house 拾得(じっとく)」

さて、気になる拾得の開業年ですが、1973年です。

今年で開業42年ということですね。

 

更に驚くべきは、その外観。初めて見る人は、「え?これがライブハウス??」と思うこと請け合いです。

 

なんとこちらのお店、築300年の酒蔵を改装して作られたものなのです。

京都に町屋の古民家を改装したお店は数あれど、築300年の蔵を見られる場所はそうないのではないでしょうか。

 

木造の扉をくぐると、70年代当時の雰囲気を残した店内が出迎えてくれます。

特に目をひくのは「木造のライブステージ」

そして、「畳の客席」

なんと、ここでは畳の上で音楽が楽しめるのです。流石、「日本最古」!

京都と音楽の歴史

日本最古のライブハウスが京都に!! 「coffee house 拾得(じっとく)」

京都といえば歴史深い土地ですが、まさか日本最古のライブハウスまであるとは驚きですね。

ところで、日本最古のライブハウスが京都にあるのは何故だと思いますか?

 

拾得がオープンした1973年、その前後の60年代後半から70年代といえば、フォークソングやブルースという音楽が一世を風靡した時代。

そして、そのブームの中心にあったのが、「学生の街・京都」だったのです。

 

京都発の当時の音楽グループでは「ザ・フォーク・クルセイダーズ」、「村八分」などが有名です。

そして、「フォークの神様」と言われた岡林信康氏は同志社大学神学部の学生でした。

 

いかがでしょう。古都京都の意外な一面が垣間見えた気がしませんか?

是非、日本最古のライブハウス拾得で70年代京都の雰囲気を味わってみてください!!

友だち追加数

Facebookでコメントする